社会保険労務士になるには?

社会保険労務士になるには、まず、社会保険労務士の国家試験に合格する必要があります。

ただし、弁護士資格を有している人は、社会保険労務士試験を受験することなく、弁護士資格を所持していることを以って、社会保険労務士としての全国社会保険労務士連合会の名簿への登録ができます。ただし、この登録手続きをしなければ、社会保険労務士としての業務をすることはできません。

同様に、社会保険労務士試験に合格した人でも、全国社会保険労務士会連合会への登録をしなければ、「有資格者」「試験合格者」にとどまり、社会保険労務士となることはできません。

この登録手続きを経ることで、労働社会保険法令に基づく書類作成や提出など、社会保険労務士法に根拠を持つ業務を遂行して、報酬を受け取ることができるようになります。つまりは、社会保険労務士になることができるわけです。

しかし、こうした登録手続きをすると、同時に(自動的に)、都道府県社会保険労務士会への入会もすることになり、社会保険労務士会への入会金や会費が発生します。そのため、試験に合格しても、あえて登録手続きをせず、その知識を社内で活用する道を選ぶ人も少なくないという実態もあるようです。

さて、社会保険労務士試験は、毎年1回、例年8月の第4日曜日に、全国34か所の試験会場で行われます。試験科目は、労働基準法及び労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、労働保険徴収法、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金保険法、労働及び社会保険に関する一般常識の8科目となっており、午前中に選択式問題8問、午後に択一式問題70問が実施されます。

試験時間は、午前中の選択式問題で80分、午後の択一式問題70問で210分であり、国家試験の中でも試験時間が長く、夏場の暑い時期であるという事情も加わって、知識とともに、集中力や体調管理能力も要する試験となっています。

さて、こうした社会保険労務士試験は、どんな人でも受験できるものなのでしょうか?これから、社会保険労務士試験の受験資格について、まとめてみましょう。