社内の手続き業務を一手に担う、企業内専門家として活躍

社会保険労務士として勤務登録をした後、可能となるのは「労働保険や社会保険に関する一切の業務」です。
ただし、その業務範囲はあくまで登録をした会社内にとどまる、ということになり、当然のごとく、開業登録の社会保険労務士のように他の会社へ自由に営業をかけて仕事をもらうことは出来ません。

 さて、冒頭では社会保険労務士の仕事内容について「労働保険や社会保険に関する一切の業務」と一言でくくってしまいましたが、実際にはその範囲は実に膨大です。
具体的には、労働保険や社会保険関連の手続き業務に加え、社会保険、労働保険料と給与の計算、賃金台帳や出勤簿など帳簿書類の作成、人事評価制度の構築や労働相談、就業規則の作成・・・等々、細かく挙げていけばきりがありません。
社会保険労務士が一般的に“労働保険、社会保険の専門家”と言われる通り、勤務社労士にも社内のエキスパートとしての活躍が期待されているのです。

 一方で、社会保険労務士として勤務登録をした後も、社労士業以外の業務にも従前どおり携わっていかなければならない点に、開業社労士とは違った難しさがあると言えるでしょう。社会保険労務士として登録しているとはいえ、専門業務のみにかかりきりになることは出来ません。
よって、これまで以上に効率良く、サクサクと仕事をこなしていく必要があるのです。加えて、通常業務と社労士業務との頭の切り替えもまた、求められることとなるでしょう。

 合格後の登録区分については、開業か勤務かで悩まれる方も少なくないと思います。
開業登録の場合、自分の好きなように仕事を組み立てていくことができる反面、仕事量や収入面においてはかなり不安定です。その点、勤務登録の場合には会社員として安定したポジションを維持できますが、仕事を選ぶことは出来ません。
自分にはどちらが向いているのか、またどのような働き方をしていきたいのか、しっかりと検討した上でどう登録するかを決定されるのが得策だと思います。