会社の許可があれば、すべてのサラリーマン、OLに可能性あり

前カテゴリでは「開業」登録をメインに登録に関わる要件や詳細をご紹介してまいりました。しかしながら、この不安定なご時世、安定した会社勤めを辞めてまで「独立開業するぞ!」と踏み切るにはなかなか勇気がいるものです。
現状、会社に所属しているのであればまずは勤務登録をして実務に携わった後、開業については後々ゆっくり考えようかと思われている方も少なくないと思います。

 さて、ここで皆さん疑問に感じられるのが、「そもそも自分は勤務登録など出来るのだろうか」という点でしょう。
勤務登録をするとなれば、アナタは“会社所属の社労士”として社内外に知られることになります。会社の名を背負う以上は、会社側にだって相応しい人物を選ぶ権利はあるというもの。仮にアナタが社会保険労務士として勤務登録を望んでいたとしても、会社が「No」といえば登録には踏み切れません。
また、社内ですでに何名もの社会保険労務士が勤務登録をしている、そもそも所属部署が全く関係のないところ等諸々の事情により、社会保険労務士資格を有していても勤務登録が不可能となるケースだって想定できるわけです。

よって、実際に自分が社内で勤務登録できるかどうかは、事前に十分リサーチしておく必要があるのではないかと思います。
頑張って資格取得してから、「ウチでは無理よ」となると、がっくりきますからね。無理そうなら無理そうで、あらかじめ心つもりをしておける方が、合格後の選択肢も幅広く検討することが出来ると思います。

 もっとも、基本的には会社に所属している社員であれば、すべてのサラリーマンやOLに社会保険労務士として勤務登録できる可能性はあります。
勤務登録をすれば社内評価アップは間違いなし、会社によっては資格手当が出たりしますから、見事「勤務社労士」の座を獲得出来ればかなりラッキーです。