社会保険労務士登録に必要な実務経験は?

社会保険労務士試験に合格しても、通算2年以上の労働・社会保険諸法令に関する実務経験がなければ、社会保険労務士登録ができません。

さて、この「労働・社会保険諸法令に関する実務」とは、具体的にどのようなものでしょうか?

わかりやすい例として、社会保険労務士事務所や社会保険労務士法人に勤務し、補助者として働いていた場合が挙げられます。

こうした事務所の補助者の仕事は、労働保険年度更新事務、算定基礎届の事務をはじめ、従業員の雇用保険や社会保険の資格の取得喪失や離職票の作成、就業規則や労使協定書、労働者名簿などの作成事務などであり、社会保険労務士登録に必要な実務経験に、ほぼ例外なく当てはまるものです。

ただし、社会保険労務士事務所や社会保険労務士法人に勤務していても、実際の業務が、来客や電話の対応だけというような場合は、登録に必要な実務経験には算入されません。

同様に、健康保険組合や労働保険事務組合などに勤務している人や、民間企業に勤務している人の場合も、健康保険や労働保険に関する事務、人事労務関連の業務などに従事していればよいのですが、単なる補助的な業務のみである場合は、登録に必要な実務経験には該当しないことになります。

さて、この2年以上の実務経験の時期については、何の規制もありません。「通算」2年以上であれば、試験合格前の経験でも、試験合格後の経験でも構わないことになっています。

試験合格前に、社会保険労務士事務所に1年の勤務期間があり、試験合格後に、別の民間企業の人事部に1年以上勤務期間があれば、この2つの証明を取ることにより、登録ができます。もちろん、会社を転職している場合で、両方を足さないと2年を満たさない場合も、同様です。

また、「直近○年間のうち、2年以上」といった制約もありません。10年前の実務経験であっても、証明さえ取ることができれば、社会保険労務士登録をするには、全く差し支えはありません。